IT

【実際はどうなの?】VideoProc ConverterでPCゲーム画面収録してみた感想

まえおき

  • ゲーム画面やPC作業画面を録画しYouTubeで公開したい。
  • しかしいろいろな画面収録の方法があってどれを使えばいいかわからない。
  • そこで動画編集ソフトである「VideoProc Converter」を使って画面収録してみた。

VideoProc Converterの公式サイトはこちら→VideoProc Converter公式サイト 

VideoProc Converterの動画編集方法はこちら→【本音レビューも】VideoProc Converterで動画編集の使い方

初心者でも簡単に動画サイトの動画をダウンロードする方法はこちら→【無料】ライブ動画をダウンロードする方法~VideoProc Converter~

有料版と無料版の違い

まず初めにVideoProc Converterの有料版無料版の違いを押さえておきます(※この記事では有料版を使用しております)。

製品機能VideoProc Converter(体験版)VideoProc Converter(製品版)
動画変換動画を多様なフォーマットに高画質変換5分間制限
最新の動画処理・編集ツールの利用×
高速変換対応×
画面録画複数の動画を一つのファイルに結合各動画冒頭の5分間制限
録画中に追加された透かしの消去×
録画された動画を他のフォーマットに変換5分間制限
動画保存M3U8動画のダウンロード回数3回制限無制限
対応しているオンライン動画サイト50+1000+
Web動画をダウンロードできる本数10本制限無制限
その他最新バージョンにアップグレード対応×
24時間の技術サポート応答×
変換時間の制限なし

VideoProc Conveter(製品版)

永久ライセンス 5,480円(税込み)

録画透かしあり

早速画面収録をしてみる

それでは画面収録してみます。まずはソフトを起動し以下の画面になりますので、一番左の録画アイコンを選択します。

 

すると、画面録画を始める画面になります。

簡単に説明すると、上タブで画面収録にするか、PCに接続されているカメラから録画するか、または両方から録画することができます。

さらにカメラを使用して録画した場合、背景の色を指定すればクロマキー合成も行うことが可能です。

そして画面収録するときは上タブの「画面録画」を選択します。

 

するとすぐさま画面が映し出されます。あとは簡単、「REC」を押すだけで録画が開始します。

 

そして録画終了するときは「STOP」を押せば録画は終わります。とても簡単です。

 

実際に使ってみた感想

実際につかってみて感じた感想はとてもシンプルなので初心者の方には使いやすいかな、っとおもいました。

ただ、画面収録に関していえば、収録して配信するだけであれば、そんなに特別な機能が必要ではないので、これでも十分だと思います。

ただ一ついうなら、画面収録するときの画質の設定ができたらよかったかもしれませんね。そこは今後のアップデートに期待です。

 

さいごに

今回はVideoProc Converterで画面収録をする方法について紹介しました。

操作はとてもシンプルでUIもわかりやすく、パソコン操作に疎い方でも楽に操作できると思います。 VideoProc ConverterはこのようなシンプルなUIで操作がとても簡単なので、かなり重宝しています。 画面収録以外でも「動画ダウンロード」、「動画変換」、「動画編集」の計4つの機能が付属していますので、興味がある方はぜひダウンロードしてみてください。

それでは~

VideoProc Converterのインストールサイトはこちら→VideoProc Converterインストールサイト

ABOUT ME
Toru
24歳。会社資料の文章力を鍛えるためにブログ開設。機械学習・ディープラーニング勉強中。プログラミング、デバイス、PC、ガジェット類について紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。