IT

ハッカーが使っているKali Linuxとは?

こんにちは〜Toru(@torupythonbrog)です!

 

今回は、ハッキングするのに最適なOS「Kali Linux」について紹介したいと思います。

OSについて、まだ知識が足りないと思う方は、以下の記事を参照してから読むことをおすすめします!

【超重要】パソコンのOSとは?初心者でもわかるOSの基本と選び方今回はパソコンに入っているOSについて初心者の方でもわかりやすいように説明しています。OSにはwindowsやmacOS、Linuxなどがあります。これらそれぞれの特徴や様々な用途で使用すべきOSの選び方も説明しています。...

それでは早速いきましょう!

Kali Linuxとは?

Kali Linuxとは、Debianをベースとしたベネトレーションテスト用のLinuxディストリビューションです。

簡単に説明すると、Debianとは、windowsやMacと同じようにOSです。

ベネトレーションテストとは、システムの脆弱性を探すテストのことです。

脆弱性というのは、システムのセキュリティーが甘いところといったイメージでしょうか。

ディストリビューションとは、OSの配布形態のことです。

これはアプリケーションやOS、さらにカーネルが絡んでくるのでここでの詳細は控えます。詳しく知りたい方はURLを張っておきますのでそちらから参照してください。

そしてこのKali Linuxには、約300以上のベネトレーションテスト用のプログラムが用意されています。

これらを駆使して、ターゲットシステムの脆弱性を探し出し、セキュリティーを改良していくわけですね。

なので、本来は悪用するために作られたOSでは無いんですよね。

どういう場面で使用されるの?

ハッキングしてそうなの写真

みなさんもご存知の通り、Kali Linuxはハッキングする際に使用されます。

ベネトレーションプログラムを使用し、相手を攻撃、侵入します。

これぐらいですかね。

まとめーKali Linuxは危険ではないです

今回はKali Linuxについて簡単に紹介しました。

まあ、普通の人なら一生使うことのないOSですよね。 

 

このサイトでは、プログラミングに関連する情報を発信していますので、ハッキングやプログラミングに興味がある人は、ぜひ他のページもご覧になってください。

 

それでは!

 

ABOUT ME
Toru
24歳。会社資料の文章力を鍛えるためにブログ開設。機械学習・ディープラーニング勉強中。プログラミング、デバイス、PC、ガジェット類について紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です