IT

【危険】HDDやSSDをフリマアプリで売る前に必ずやってほしいこと(データ完全消去)

はじめに

  • 不要になったHDDやSSDをフリマアプリで売ろうとする。
  • しかし、ただ単にデータを消しただけでは簡単に復元出来てしまう
  • 個人データが流出される前に、データを完全に消去する方法を説明します。

この記事はEaseUS社の提供です。

フリマアプリでHDDやSSDを売るのは危険?

昨今、自作PCを組み立てたり今あるPCをよりパワフルにするために、今あるPCパーツをカスタマイズする方も増えてきたと思います。

 

そうなると、今まで使っていたパーツで不要になったものが出てきて、それをフリマアプリで売ろうとなりますよね。

特にHDDやSSDを売るとき、皆さんはどうしてますか?ちゃんとデータの全消去ができていますか?

 

しかし、ただ単にデータを消しただけは、かなりヤバいです。

 

HDDやSSDのデータは普通では完全に消去できない

HDDの場合、データを消したつもりでも、実はHDD内部にデータは残っています。そしてそのデータは、誰でも復元することが可能です。

 

そしてまたSSDも同様で、完全にデータを削除するのはかなり難しいです。

詳しいことは省きますが、簡単に言うと削除したデータは「削除されたデータ」というに置き換わっただけで、同じ記憶領域内に記憶され続けているからです。

 

詳しい説明は以下のサイトを確認してください。

 

完全にデータを消去していない状態でフリマアプリに出してしまうと、悪意を持った人にわたってしまった場合、個人データなどが流出してしまう恐れがあります。

 

HDDは磁気消去、SSDはデータの上書きで消去するしかない

じゃあどうやって消去すればいいのか。

 

HDDは磁気による消去があります。 HDD内部にあるディスクは磁気によってデータが記憶されます。これを消去すればいいわけです。

SSDは磁気で記憶していないので、別の方法で消去する必要があります。SSDはデータの上書きによる方法があります。

 

ただ、この方法はBIOSにあるフリーズロック機能によってブロックされる可能性もあるので、必ず成功するものではありません

 

まあ簡単に言ってますけど、どうやればいいのかって話ですよね。

 

データの完全消去の方法は?

では、ここからはデータの完全消去の方法について挙げていきます。 主に2種類の方法があります。

業者に依頼する

メリット

  1. 自分で削除する手間がかからない
  2. 業者がやってくれるので、完全消去してくれる。(はず)
デメリット

  1. すごい手間がかかる。
  2. データ量にもよるが、それなりに料金がかかる。

完全消去をするのに自信がない方は、業者に依頼することも視野に入れておいた方がいいでしょう。

手順としては依頼する業者のサイトから問い合わせ、Web見積り、発送、業者による消去作業、返送となります。

 

メリットとしては、業者なのでデータを完全に消去してくれることでしょう。おそらく。

あと、発送や見積りを取る手間はかかりますが、実際にデータを消去する手間は省けます。

 

デメリットは、手間や時間、さらに料金もそこそこかかります。私の意見にはなりますが、業者に頼むのであれば、自分でソフトを導入し、自分でデータを消去するのが良いでしょう。

 

【★おすすめ★】ソフトを導入し自分でやる

メリット

  1. 業者よりかは時間やお金がかからない
  2. 意外と簡単にできるし、少しだけパソコンに詳しくなれる。(かも)
デメリット

  1. どのソフトを選べばいいか悩ましい。
  2. ソフト操作の手間がかかる

個人的にオススメするのは、自分でソフトを導入し自分でデータを消去するやり方です。

これであれば時間もかかりませんし、お金も最小限で済ませられます。

 

デメリットというデメリットは特にありませんが、どのソフトを選べば良いか悩むと思います。無料版、有料版も含め、数多くのソフトが存在しているので。

 

個人的にオススメなのがEaseUS Partition Master

一度、これまで説明してきたことをまとめてみましょう。

これまでのまとめ

  • HDDやSSDのデータは完全消去することは不可能。
  • 業者よりも自分でデータ消去ソフトを導入してやった方が得。
  • しかし、どのデータ消去ソフトを選べばいいかわからない。

 

業者よりも自分でデータ消去作業をした方が得だということをお伝えしました。

しかし、データ消去ソフトは無数にあり、どのソフトを選べばいいかわからないですよね。

 

そこで今回紹介するのはEaseUS Partition Masterというソフトです。

こちらのソフトはEaseUS社がリリースしているHDDやSSDのパーティション管理ソフトです。

EaseUSのソフトで有名なものを一つ挙げるとするならば、HDDやSSDのクローンソフトEaseUS Todo PCTransでしょう。これは世界中で使われている超有名ソフトです。

 

EaseUS社の説明は他の記事で説明しているので省略しますが、知りたい方はこちらの記事がら確認してください。

旧PCから新PCにofficeを移行させる方法~EaseUS Todo PCTrans~今回はEaseUSさんのデータ移行ソフトEaseUS Todo PCTransを使用方法を紹介します。このソフトは例えば旧PCから新PCへデータをネットワーク経由で移行することができます。もちろん移行できるのはデータだけではなく、アプリやソフト、officeだってできてしまう有能なソフトです。...

 

さて、続いてEaseUS Partition Masterの説明ですが、このソフトはとても多機能で全て説明するのは手間なので、機能一覧を書いておきます。この中で今回使用する機能はディスク消去です。

機能一覧

  1. パーティションの分割
  2. ドライブ文字の変更
  3. パーティションの管理
  4. パーティションの隠蔽
  5. ディスクの消去
  6. サーフェステスト
  7. MBRの再構築
  8. パーティションチェック

また、EaseUS Partition Masterの詳細を見たい方は以下のサイトを確認してください。

 

エディションとダウンロード方法

エディションですが、Pro版・Server版・Unlimited版の3種類があり、それぞれにお試し版が付随しているような形です。

Server版とunlimited版はほぼ法人用なので使用することを考えるならPro版(¥5,990)にした方がいいです。他のやつは3万円近くします。

(無料版で出来る範囲については記載がなかったのでわかりませんでした。。。)

 

ダウンロードは上記URLからできます。

 

EaseUS Partition Masterの使い方

では、実際にEaseUS Partition Masterを使って、データの完全消去をしてみます。

今回はSSDのデータ消去をしてみます。作業時間は大体5分くらいで出来ました。

(今回はEaseUS Partition Master Pro版を使用していますが、作業手順などは無料版とほぼ同じです。)

 

まずは、「今すぐスタート」を選択します。

 

データを完全消去したいドライブを右クリックし、「すべて削除」を選択してください。

 

確認画面が出てくるので「OK」を選択すると、データ消去が始まります。

 

作業が完了すると、選択したディスクが初期化されていることがわかります。これで終わりです。めっちゃ簡単ですよね?

 

今回はSSDでやりましたが、HDDは勿論、SDカードやUSBでも作業は同じです。

これらで試したい場合は、以下のリンクも一応確認してみてください。

 

さいごに

今回はデータの完全消去の難しさと、EaseUS Partition Masterを使ってSSDのデータを完全消去する方法について説明してきました。

EaseUS Partition Masterを使えば、たとえパソコンに詳しくない方でも簡単にデータを完全消去することができると思います。

マジでこのソフトはおすすめなので、フリマアプリでHDDやSSDなどを販売するときはぜひ使ってください。

 

では。

 

ABOUT ME
Toru
24歳。会社資料の文章力を鍛えるためにブログ開設。機械学習・ディープラーニング勉強中。プログラミング、デバイス、PC、ガジェット類について紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。